アコムでお金を借り入れする前に知っておきたいこと

消費者金融業界の中では、唯一アコムがクレジットカードの取り扱いをしています。
マスターカード発行機のある自動契約機を使えば、一般的なクレジットカードであれば2週間から3週間はかかるカードの発行までを、最短1時間で完了させることができます。
また、楽天銀行口座があると利用が便利になるということも人気の理由になるでしょう。

 


⇒アコムの申込みはコチラ

 

アコムにも30日間無利息がありますが、適用開始が「契約翌日」です。
申し込みをしたその日のうちに借入をするのであれば問題はないものの、先に契約をして後からの借り入れに備えるとなれば既に契約翌日から無利息期間のカウントが始まっているため無駄にしてしまいます。

 

楽天銀行口座を持っていると振込キャッシングもインターネット返済も24時間利用可能となり、手数料も無料です。
土日祝日も利用ができるためアコムを上手に活用するためには用意しておきたい銀行口座です。

 

楽天銀行口座が活躍する

振り込みキャッシングは、今では大手消費者金融の特徴的なサービスとなりました。
もちろんアコムでも振り込みキャッシングがあります。

 

しかし、振込みキャッシングといえば銀行営業時間に順ずるため「平日の日中」に限られるという欠点があります。

 

アコムでは楽天銀行口座を振り込みキャッシングの受け取り口座にすると24時間対応になります。

 

便利なはずの振込みキャッシングが、時間が限られることによって不便となっていました。
楽天銀行口座があればアコムの振込みキャッシングが便利に変わります。
また、インターネット返済にも楽天銀行口座が対応しているため、手数料無料で24時間いつでも返済ができます。

 


⇒アコムの申込みはコチラ

 

アコム申込の必要書類
本人確認書類
(いずれか1点)
運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)
※外国籍の方
(いずれか1点)
在留カード / 特別永住者証明書
金額により収入証明書類 源泉徴収票 / 確定申告書 / 給与明細書(直近2か月分) / 市民税・県民税決定通知書 / 課税証明書 / 所得証明書

 

申し込みに面倒な書類はありません。
基本的には運転免許証などの本人確認書類があれば申し込みができます。

 

収入証明書類が必要になるのは、貸金業法の総量規制に基づいて以下の条件に当てはまる場合です。

  • アコムへの申し込み金額が50万円以上
  • 他社からの借り入れ総額とアコムへの申し込み金額を含めて100万円以上

 

30日の無利息期間
条件 初めてアコムを利用すること
35日ごとの返済を選択すること
適用開始 契約翌日

 

30日間無利息の適用条件はいずれも簡単なものです。
35日ごとの返済とは、初めての借り入れもしくは返済日から数えて35日目が返済期日となるものです。
言い換えれば35日以内であればいつ返済をすることもできるため、利息節約には力を発揮します。

 

ただし、30日間無利息の適用開始日が契約翌日からとなるため申し込みのタイミングには気をつけなくてはなりません。

 

アコムという名義
郵送方法 簡易書留
郵送差出人名 ACサービスセンター
通帳記載名義 ACサービスセンター

 

カードがその場で受け取るものではなく郵送を選択した場合、簡易書留での郵送になります。
差出人名はACサービスセンターとなり、アコムであることの記載はないものの、インターネットで検索をすればそれがアコムであることはすぐにわかります。

 

また、振込みキャッシングや口座引き落としなど、通帳に記載される名義もまたACサービスセンターです。

 

電話がかかってくるタイミング
  • 在籍確認(非通知の個人名)
  • 返済の遅延(携帯電話が不通の場合は職場に連絡)
  • 定期的なサービスの通知(3か月、半年に一度)(停止も可能)

 

アコムから電話がかかってくるタイミングがあります。
在籍確認は勤務先への連絡となりますが、そのほか、個人の携帯電話に連絡が来ることもあります。
携帯電話の電話番号が変更となった際には、会員サービスからの変更手続きを行わなければ、自宅電話、勤務先電話への連絡となります。

 

アコムの借り入れ方法
振込キャッシング

平日9時〜14時30分
ゆうちょ銀行平日9時〜14時
楽天銀行は24時間対応

店頭窓口 平日9時30分〜18時
アコムATM 24時間営業
提携ATM
(2014年2月現在)
三菱東京UFJ銀行 / セブン銀行 / イーネット / ゼロバンク / ローソンATM / イオン銀行 / 三井住友銀行 / 熊本銀行 / 八十二銀行 / 親和銀行 / 広島銀行 / 第三銀行 / 福岡銀行 / 東京スター銀行 / 北海道銀行 / 西日本シティ銀行 / 北陸銀行 / クレディセゾン

 

振り込みキャッシングなど便利な方法が豊富にあります。
特に注目したいのは、「楽天銀行の振込みキャッシングが24時間」であること、そして「アコムATMが24時間」です。
いずれも利用手数料が無料の方法として用意されています。

 

アコムの返済方法
インターネット返済 24時間対応
口座振替 -
銀行振込 -
店頭窓口 平日9時30分〜18時
アコムATM 24時間営業
提携ATM
(2014年2月現在)
三菱東京UFJ銀行 / セブン銀行 / イーネット / ゼロバンク / ローソンATM / イオン銀行 / 三井住友銀行 / 熊本銀行 / 親和銀行 / 広島銀行 / 第三銀行 / 福岡銀行 / 東京スター銀行 / 北海道銀行 / 西日本シティ銀行 / 北陸銀行 / クレディセゾン

 

インターネット返済が24時間対応で即時反映です。
もちろん利用手数料が無料となっているため、35日ごとの返済とあわせて利息節約のカギになります。

 

アコムの増額方法
  • アコム総合カードローンデスクに連絡
  • 増額のお知らせ

 

電話をして増額を申請するか、もしくは増額のお知らせが届いたタイミングになります。

 

まとめ

24時間対応の借り入れや返済が手数料無料で用意されているというメリットの反面、いくつかのデメリットも見つけられます。

 

例えば、郵送物や通長記載名義がACサービスセンターとなることや、30日間無利息が契約翌日からになることなど、細かな項目で気になるところがでてくるでしょう。

 

テレビCMでもおなじみの消費者金融ですので申し込み経験がなければ一度は利用しても良いサービスの一つと言えるでしょう!

 


⇒アコムの申込みはコチラ