消費者金融と銀行カードローン、即日借入にはどちらがおすすめ?

銀行にも消費者金融にもそれぞれのよさがあります。
しかし即日の借り入れに絞って考えるのであればどちらを選ぶとより可能性が高くなるのか、その答えはあります。

 

  • 急ぎの時にはスピード重視の消費者金融
  • 時間にゆとりがあるなら低金利の銀行カードローン

 

即日借り入れのためには消費者金融を選択するとより可能性が高くなります。
消費者金融は数多くあります。
金利にも違いがあり、サービスにも違いがあります。
さらには即日借り入れの可能性も違います。

 

ランキング

 

プロミス

プロミスの特徴

  • 最短1時間融資
  • 30日間無利息が借り入れ翌日からの適用となる
  • 24時間受けられる振込キャッシングのサービスがある
  • インターネット返済で24時間いつでもどこからでも返済ができる

年利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
評価 評価5
プロミスの総評

消費者金融の中でも最大手となるのはプロミスです。不動の人気を誇っています。また即日融資も可能で、現在の業界の中では最もスピーディでしょう。

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

オリックス銀行

オリックス銀行の特徴

  • おまとめ・借り換えOK!
  • 200万円以上の高額融資で金利が低くなる
  • 銀行カードローンでありながら振込キャッシングが使える

年利 3.0%〜17.8%
限度額 最高800万円
評価 評価4
オリックス銀行の総評

総量規制があり、消費者金融では借り入れることが難しい大きな金額でも銀行カードローンなら可能性があります。特にオリックス銀行カードローンは融資限度額に応じて大きく金利が変わります。

残念ながら少額のキャッシングでは消費者金融と金利が変わらないものの、200万円以上の融資限度額の時には金利が格段に低くなることが人気の理由です。

但し、借入までに時間がかかるのがデメリットです。審査は最短即日ですが、借入までに3営業日〜5営業日はかかります。

モビット

モビットの特徴

  • WEB完結でカードレスのキャッシングが出来る
  • 審査結果が10秒でわかる(事前診断による結果表示)
  • 電話確認無し、郵送無しにできる

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
モビットの総評

最近メキメキと人気が出てきたのは竹中直人さんがCMをするモビットです。カードレスのキャッシングもあり、その新しい方法として脚光を浴びています。

※即日借入は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

最も重要なことは大手消費者金融を選ぶという基本の形

消費者金融は数多くあります。
私たちが普段目にしている消費者金融といえばどこがあるでしょうか?
CMでよく見かける大手ばかりが浮かびます。
それで間違いありません。

 

サービス・スピード・安全性なら大手消費者金融を選ぶ!

 

大手消費者金融だからこそのサービススピードがあります。
中小消費者金融や、地方消費者金融など、そこがたとえ正規の消費者金融だったとしても十分なサービスとスピードを期待することはできません。

 

闇金融に引っかからないという「安全」のためにも、そしてより可能性が高い「借り入れ」のためにも大手消費者金融から選択することをキャッシングの基本として考えましょう!

 

即日借り入れのために比較したいことは

今日でなければならない、明日でなければならない、それほどに差し迫った状況であれば消費者金融の比較ポイントも異なります。

 

そのためには3つのポイントを確認することが大切です。

 

即日借入の3つのポイント・申し込み方法・借入方法・契約方法

 

本来は契約が先であり、借入が後になるものです。
しかし即日借り入れを検討する際には借入方法を検討することが先になります。

 

なぜなら、借入方法によって契約方法が異なるからです。

 

借入方法には振り込みキャッシングとATMからの借入の2種類があります。

 

振り込みキャッシング ATMからの借り入れ
銀行口座消費者金融から自分の銀行口座に借入金額を振り込んでもらいます。

そのため振り込みキャッシングは「銀行営業時間に行われる」借入となります。

自動契約機カードがあれば24時間いつでも借り入れる方法があります。

消費者金融が用意する専用ATMばかりではなくコンビニの提携ATMもあります。

一部大手消費者金融では特定の銀行口座を対象に24時間対応の振込みキャッシングもあります。

来店の必要がない便利な振込みキャッシングですが、対応時間には限りがあるため気をつけなくてはなりません。

 

また、もうひとつのポイントとして振り込みキャッシングで借り入れを即日に行うためには、平日の14時というタイムリミットがあります。
大手消費者金融で確認をしてみましょう!

 

即日振込の条件
プロミス モビット アコム
プロミス モビット
平日14時までにWEB契約が完了している 平日正午までに申し込みが完了している 平日14時までに必要書類の提出

 

即日の振込みキャッシングで借入をするときには時間に気をつけなくはなりません。
もちろん借入方法は振り込みキャッシングだけではなく、カードを使えば借入がしやすくなります。

 

ATMから借入をするためにはカードが必要であり、今度はカードが即日発行される借入方法を検討しなくてはなりません。
申し込みをしたその日のうちにカードが発行される借入方法は2つです。

 

  • 自動契約機
  • 店頭窓口

 

営業時間が長く用意されているのは自動契約機です。
そのためカードを使った借入をするときには自動契約機を利用することになります。

 

自動契約機営業時間
プロミス モビット アコム
プロミス モビット
9時〜22時(※一部21時もある) 8時〜21時 9時〜21時
9時〜21時三井住友銀行ローン契約機(※契約機により営業時間、休日が異なる)    

即日借入のまとめ
振り込みキャッシングで借入をするならインターネット契約に進みましょう。
カードを使った借り入れをするなら自動契約機に向かいます。

 

即日借入にインターネット申し込みが欠かせない理由

振り込みキャッシングで借入をするときでも、ATMから借入をするために自動契約機を使うときでもインターネット申し込みは欠かすことができません。

 

インターネット申し込みのメリットを見てみましょう!

 

24時間申し込み受付・審査時間が有効に使える

 

24時間申し込みを受け付けてはいるものの、審査対応時間は限られています。

 

審査対応時間
プロミス モビット アコム
プロミス モビット
9時〜21時 9時〜21時 9時〜21時

 

審査結果が出てくるまでの時間はどこの消費者金融でも最短30分です。
この時間を有効に活用することができます。
審査結果いかんによって次の行動を決めることができるでしょう。

 

インターネット申し込みはいつでも受付をしているため今日中にお金が必要と気がついた総量でも申し込みをすることができます。

 

金利が低くはならないが、無くなることはある

 

消費者金融の金利には高いというイメージがあります。
確かに大手消費者金融の上限金利は18.0%、銀行カードローンの上限金利は一般的に14.5%となっています。

 

少額の借入、短期間の返済に向いているのは消費者金融の金利が高いからであり、もうひとつ充実している返済方法があるために完済がしやすいという特徴もあります

 

低金利ではないものの、無利息期間がある消費者金融もあります。

 

プロミス   アコム  
無利息期間 30日間 無利息期間 30日間
条件 プロミスを初めて利用すること 条件 初めてアコムを利用すること
Eメールアドレスを登録すること 35日ごとの返済を選択すること
WEB明細を利用すること  
適用開始 初めての借り入れ翌日 適用開始 契約翌日

 

金利ばかりに注目をしていたのでは、即日借入ができてもその後の利用に面倒や支障をきたすことがありえます。
そのためにも利用方法については慎重に検討する必要があるものの、無利息期間を活用して利息のないうちに返済をする、もしくは無利息期間中に大きな金額を返済するなどの無駄のないキャッシング計画を立てましょう。

 

一番人気のプロミスがおすすめ!

プロミス
⇒今すぐお申し込みはコチラ